2015.07.15
中学2年生 応急手当実習


 7月15日(水)、恒例の中学2年生を対象に応急手当実習が行われました。体育教員から、応急手当の重要性や心肺蘇生の基礎知識の説明を受けた後、生徒たちは実際に人形を使って胸骨圧迫(心臓マッサージ)や人工呼吸などの実技を行いました。

 もしも自分が現場に居合わせた時には、今回の実習で学んだことを思い出し、勇気を持って速やかに行動することの大切さも学びました。
(7月21日(火)に高校1年生も実施します)