2015.12.18
1学期終業式・壮行式


 7月18日(土)、1学期の終業式が行われました。式に先立ち、全国大会に出場する部の壮行式を行いました。生徒代表のエールのあと、中学弓道部、中学将棋部、高校テニス部、高校弓道部、高校レスリング部、高校ラグビー部、小倉百人一首かるた高知県代表チームの代表生徒の決意表明がありました。坂本孝弘中学校長から、「普段の力を十分発揮して、悔いのないよう頑張ってきてほしい」と激励の言葉が贈られ、最後に出場選手の健闘を祈って、全員の拍手で見送りました。


   



 終業式では、冨岡豊英高校校長から、「竹は節があり、節と節との間を伸ばすことによって成長する。生徒の皆さんも、健康と安全に留意し、節と節の間である『夏休み』に、竹のごとく上へ上へと真っ直ぐに伸びてほしい。」と式辞を述べました。