2015.08.29
高3公文英里さん「仲間賞」を受賞! 国際ソロプチミスト アメリカ西日本リジョンユースフォーラム


 高3の公文英里さんが、8月18日(火)・19日(水)に鳥取県の大山で行われた国際ソロプチミストアメリカ西日本リジョンユースフォーラム(forum:公開討論会、交流広場)に出場し、見事「仲間賞」を受賞しました。

 同フォーラムには、中四国9県から45人の女子高校生が集いました。そして、互いの交流を深めるとともに、7つのグループに分かれ、自分の夢の実現に関して課題は何なのか、実現するにはどうするのかを討議し発表しました。
 公文さんは、グループ発表に際し、学校の部活動で取り組んでいる演劇の手法を使って分かりやすく表現することを発案し、自ら脚本を書きました。
 公文さんが受賞した仲間賞は、リーダーシップを発揮し、グループの活動でのメンバーの結束堅めに貢献した人に贈られるものです。

 国際ソロプチミストは、ランオンズクラブなどに相当する、女性と女児の生活を変革するため共に活動する女性のグローバルなボランティア団体です。130の国と地域の約8万人のクラブ会員が、女性と女児を教育し、エンパワーし、様々な機会を与えるために地域や国内外のあらゆるレベルで連携して活動をされています。
 世界に4つある連盟の中のアメリカ連盟に属する日本に、5つあるリジョン(地域)の一つである、日本西リジョン(ガバナー:井上恭子氏、ユースフォーラム実行委員長:住友カヲリ氏)は、中四国地方の9県で構成し、98クラブ、会員約2,200名を擁します。同リジョンが開催し今回で9回目となるこのフォーラムは、女子高校生が一堂に会し、共通のテーマについて討論を交わし、お互いの経験に基づく様々な価値観を分かち合い、学び合い、相互理解を深める教育的文化的交流の集いで、「夢を拓く:女子高生のためのキャリア・サポート~夢の実現をめざして~」をテーマに行われています。
 公文さんは、4月に行われた、県内のクラブの一つ「よさこい高知(会長:畠中和代氏)」の「クラブユースフォーラム」で、同クラブからの代表に選出されていました。
 西日本リジョンフォーラムには本校から2人目の出場でしたが、8年前に特別賞を受賞した岡田詩さんに続き、見事に受賞を果たしました。