2016.04.19
中学2年生 非行防止教室「インターネットに潜む危険」


 4月18日(月)、高知市少年補導センターの中石忍氏をお招きし、中学2年生を対象に「インターネットに潜む危険」と題して、非行防止教室を行いました。
 
 中石氏は、インターネットは非常に便利であるが、近年はトラブルが絶えない。しかし、全ては使う側のモラルやルール順守が大切であり、ごく当たり前のことができていないことからトラブルに繋がっていると語り掛けられました。手軽な通信・情報収集として用いるSNSやインターネットですが、使い方を一歩間違えると、 気付かないうちに危険にさらされる場合があること、また、姿が見えないことを利用した、たくさんの罠がネット上にあることが分かってくると、生徒の表情も一層真剣になり、熱心に耳を傾けていました。
 
 講演の最後に、中石氏は「現在の情報社会では、①個人情報は絶対に掲載しない。②困ったときには、必ず周囲の先生や関係機関に相談すること。ぜひ、ご家庭で保護者の方とSNS、インターネットについてたくさん話をしてください。」と訴えかけられました。
 
 本校では立地条件などから、保護者の方の承諾のもとで生徒が携帯電話(スマホ)を所持する割合が高く、そういう観点からも、生徒が危険な目に遭わないようにする知識と意識を、ご家庭と学校が協力して育てていかなければならないと考えています。

 なお、この非行防止教室は、中学3年生は4月20日(水)、中学1年生は5月12日(木)に実施する予定です。