2016.08.05
環境学習合宿SSP黒潮キャンプ


 7月28日(木)から1泊2日の日程で、中学生20人が大月町柏島でのSSP黒潮キャンプに参加しました。生徒たちはNPO法人黒潮実感センターの方々のご指導により、クルージングや海藻押し葉作り、夜の生き物観察、シュノ―ケリング、環境講話などの「海の環境学習」を行い、柏島周辺に生息する生き物や自然環境、近年世界中の海で問題になっているマイクロプラスチック(細かなプラスチックの破片、残骸)が引き起こす地球規模での課題等について学びました。

 2日間とも天候に恵まれ、元気に楽しく活動に取り組むことができました。この経験をこれからの学習に生かしてもらいたいと思います。


神田先生による環境講話の様子です。



夜の生き物観察では海の生き物に触れることができました。



これからシュノ―ケリングに出発です。



海藻押し葉作りです。どんな作品に仕上がるか楽しみです。



神田先生による魚の解説をじっくりしていただきました。



海での活動に備えて、昼食もおいしく頂きました。



地元の魚や肉を使ったバーベキューを頂きました。



海の迫力ある景色をクルージングで見ることができました。