2016.10.24
本校のICT導入に向けた積極的な取り組みについて


 今の生徒たちが大人になるころ、世の中はいったいどのような姿になっているでしょうか。1995年にWindows 95等のPCの利用が一般化してきて以降、私たちを取り巻く社会・経済環境は大きく変わりました。そして、その変化は将来に向かって加速度的に進んでいくものと思われます。

 こうした中、大学入試では新しい試験の導入も検討されています。その背景には、企業が求める人材像の変化、すなわち、企業は今後、自ら考え、課題を発見し、解決策を見出し、そして周囲を巻き込みながら新しいことに果敢に挑戦するリーダーを求めているという事実があることは疑うべくもありません。

 本校は、子どもたちが、豊かで幸せな未来を創造できること、あるいはリーダーとして成長していくことを心より願っています。そして、その実現可能性を高める機会を提供することこそが、学校教育の重要な使命と捉えております。

 この重要な使命を果たすべく、本校では、積極的にICT導入に向けた取り組みをおこないます。

 

1.校務や授業での活用に向けて、本年10~11月に教職員全員にiPadを貸与。

2.本年度末頃より段階的に、各教室へ無線LAN環境の整備を図るとともに、プロジェクターを設置。

3.来年の4月からは、高1学年(現中3学年)の生徒全員がiPadを取得し、教員・生徒がiPadを活用した授業を積極的に展開。

4.再来年以降、ICTを全学年を対象に完全導入予定。