2017.09.04
平成29年度 夏季 オーストラリア・タラ女子校留学


 7月26日に10名の生徒が不安と希望を胸にオーストラリアに向けて出発しました。海外旅行が初めての生徒がほとんどで、とても緊張した面持ちで飛行機に乗り込み、翌朝シドニー空港に到着しました。

 到着後はすぐにタラ女子校に向かい、校長先生のご挨拶やスケジュールについての説明を聞いた後、ホストファミリー(滞在期間中お世話をしてくれるバディー)とのご対面です。緊張しながらバディーが迎えに来てくれるのを待っていたのが昨日のことのようです。

 滞在期間中は、タラ女子校の生徒と同じように学校生活を送り、日本語の授業では、タラの生徒は日本語で土佐塾の生徒は英語で楽しく教え合っていました。ブルーマウンテンへ遠足に行った時は生憎の雨でしたが、それも今となっては良い思い出です。6名の生徒はバイロンベイへ小旅行にも行き、乗馬やサーフィン、BBQなどのアクティビティをして楽しみました。全校生徒が集まる集会では、1人ずつ英語で挨拶もしました。モーニングティーの時間やアボリジナルアートの版画体験など、日本ではできない経験を通してオーストラリアでの生活や文化に少しずつ触れるにつれ、すっかり気分はオージーになっていました。とても楽しそうに毎日を過ごし、緊張していた最初の頃が嘘のようにたくさん喋っていました。そんなたくさんの良い思い出を胸に短期留学の6名は8月12日に、長期留学の4名は8月22日に全員無事に帰国しました。