2017.12.06
~土佐塾イズム2017 美術展 オープニングレセプション~


2017124日、第2回土佐塾イズム美術展前日、全国そして海外からも土佐塾中高校出身の美術作家が展覧会設営のために高知県立美術館県民ギャラリーに集まりました。

出品者全員というわけではなったが、サポーターもいれて20名ほどが朝9時から会場内を最高の展示空間にするぞという大きな目標を掲げ、全員が一致団結して取り組みました。17時少し前に、やっと完成した展示スペースは、見ごたえのある、そして洗練された、これぞ土佐塾イズムという空間に仕上がっていました。3年前の第1回の時と比べて、さらに磨きがかかっており、3年間の彼らの成長を改めて感じさせるものでした。

その夕、18時から美術館の中にあるカフェ・マルクにて土佐塾イズム展覧会前夜祭レセプションが行われました。30名ほどの出席者があり6期生の大西みちる司会進行のもと、とても暖かい、和気あいあいのパーティーとなりました。学校からも溝渕先生、福田先生、濱口先生、古田先生、伊与田先生、そして退官された水田先生も駆けつけてくれ、卒業生たちとの旧交を温めてくれました。土佐塾イズムコンサートで出演した佐竹洋明、澤本かおりも会場内で演奏し、花を添えてくれました。出品作家たちも互いの意見、情報交換をしたり、また土佐塾での思い出を語り、非常に和やかな場になりました。土佐塾校を軸とした交友の場が広がることはとてもいいことだなと感じさせられた一時でした。そしてある出品者が「中学、高校生にも私たちの作品を見せて輪を作ることができればどんなに素晴らしいだろうね。」とつぶやいたのが今も強く耳に残っています。

 

2回土佐塾イズム展~土佐塾校OBOG展~

   125日(火)~1210日(日)   9:001700(最終日は1600まで)

   高知県立美術館県民ギャラリー

(西悟 記)