2014.04.30
第8回 キャリアセミナー2013 開催される


 社会の第一線で働いている方々をお迎えし、その職業についての理解を深め、将来の進路決定のきっかけにしようと、2月9日(土)、中3生と高1生・高2 生を対象に、「第8回キャリアセミナー2013」を開催しました。 今回は、「未来への挑戦-TAKE A STEP FOR THE FUTURE-」と題し、一歩一歩自分の未来に向けて歩み続けてもらおうという趣旨で 企画しました。生徒たちは、講師の方々のお話に自分の未来を重ね合わせ、熱心に聴き入っていました。

日 時: 平成25年2月9日(土)  【キャリアセミナー】  14:00~14:50
                【希望者による座談会】14:50~15:30
対 象: 中3生(全員)・高1生(全員)・高2生(希望者)
場 所: 高校棟1F・中学棟3F・ホール・音楽室・第3会議室等

①県庁の仕事 藤村 建太氏 (県庁おもてなし課 主査)
②ピアニストの仕事 杉本 成美氏 (オーストリア国立ザルツブルク・モーツァルテウ大学 大学院卒業・本校11期生)
③検察庁の仕事 筒井 正人氏 (高知地方検察庁 企画調査課 主任捜査官・本校9期生)
④機械開発・製造の仕事 森   信二氏 (株式会社 太陽 開発部長)
⑤フライトアテンダントの仕事 山内   桂氏 (元シンガポール航空 客室乗務員)
⑥宇宙航空の研究開発の仕事 安養寺 正之氏 (JAXA 宇宙航空研究開発機構・本校13期生)
⑦日本銀行の仕事 塩田   郁氏 (日本銀行 高知支店)
⑧動物病院の仕事 北村 英祐氏 (きたむら動物病院 院長・本校6期生)
⑨ソーシャルゲームディレクターの仕事 森田 篤志氏 (株式会社高知システムズ・GREE 「新龍紀ギルドファンタジア」開発)
⑩理化学研究の仕事 樋口 雅一氏 (京都大学 物質-細胞統合システム拠点 特任助教・本校5期生)
⑪小学校教師の仕事 式地   真氏 (南国市立 長岡小学校教諭・本校4期生)

①県庁の仕事        藤村 建太氏
《講義内容》
 今年5月に公開される映画でも話題になっています「県庁おもてなし課」について,県庁に12年間勤めている藤村さん自身がかかわったこれまでの仕事内容や、映画の撮影裏話などを分かりやすく話していただきました。 生徒たちは、「リョ―マの休日」など,高知をPRする「県庁おもてなし課」の取り組みについて理解を深めることが出来たようでした。(川添晶子)
《生徒の感想》
 有川浩さんの新聞小説を毎朝読んでいたので、以前から「県庁おもてなし課」には興味がありました。藤村さんのお話には、僕が目指す将来の仕事の参考になることがたくさんありよかったです。(中3生)

②ピアニストの仕事      杉本 成美氏
《講義内容》
 杉本先生は幼い頃からピアノを始められ、今でも1日に5~10時間の練習をされるそうです。大学時代には、外国人の先生からレッスンを受け、日本人の先生から与えられるものとの違いを身をもって体験されたそうです。 また、ミスをしても怒らず、曲に感情をどのように乗せるかを厳しく指導していただいたそうです。講演の最後にドビュッシーの「月の光」とショパンの「革命のエチュード」を演奏していただきました。情熱溢れるその演奏に、会場は魅了されました。(鍋島憲雄)
《生徒の感想》
 「海外へ出て、日本とは違った風景・気候・言語などに触れることで、自分の感性を豊かにできる」という杉本さんの言葉に感銘を受けました。僕も音楽の世界を目指して頑張りたいという思いを強くしました。(高1生)

③検察官の仕事         筒井 正人氏
《講義内容》 
 「検察庁の組織・役割」「検察庁の仕事」「法律について」の大きく3つの柱に分けて講義をしていただきました。普段私たちが知ることのできない情報などを交えての講義で、持っていた検察官についての疑問も解けました。(田村由佳)
《生徒の感想》
 検察官は、自分たちの判断で捜査をするのでいろいろな意味で責任が重いけれど、そういう人たちがいるおかげで社会が成り立っているということを知り、一層、検察官という職業に就きたいという思いが強くなりました。(中3生)

④機械開発・製造の仕事      森 信二氏
《講義内容》
 「農業部品の開発・生産・設計」についての話をしていただきました。全国シェア40パーセントの耕うん爪にも2000種以上あることや、野菜を重さや大きさで分ける機械があることを知り、着眼点と開発力のユニークさに、生徒は驚いているようでした。(森 昭浩)
《生徒の感想》
 新商品を開発するとき、便利さはもちろんのこと、使用する人への安全を重視しているとのお話しに感動しました。これからも、高知から便利で人にやさしい機械をたくさん生み出してほしいです。(高1生)

⑤フライトアテンダントの仕事   山内 桂氏
《講義内容》
 シンガポールの民族衣装(シンガポール航空の制服)に包まれた山内さんの楽しいお話に、生徒たちはすっかり魅了されていました。 セミナーはまず、英語で書かれた企業の求人広告を読み取ることから始まり、入社後の研修など、一般には知られていない裏のお話も聴かせていただきました。 また仕事内容にとどまらず、シンガポールでの生活事情など、盛りだくさんの内容でした。(土居一成)
《生徒の感想》
 客室乗務員は、乗客のことを第一に「今、何をするべきか」を常に考えて行動しなければならないと知り、とても責任の重い、気配りが必要な職業だと思いました。(高1生)

⑥宇宙航空の研究開発の仕事   安養寺 正之氏
《講義内容》
 世界初の火星探査航空機の開発に挑戦する研究者の熱い思いや、地球上での理論が全く通じない、答えのないミッションの難しさを痛感する講演でした。 生徒たちの表情も真剣で、胸が高鳴るような熱気に包まれた、あっという間の一時間でした。(濵口静代)
《生徒の感想》
 現在、研究中だという「火星で飛ばせる航空機」。火星での生命痕跡を探るにはその開発がとても重要だと知りました。今回のお話で非常に「工学」に興味を持つことができ、将来を具体的に考える機会にもなりました。(中3生)

⑦日本銀行の仕事       塩田 郁氏
《講義内容》
 普通銀行の仕事内容をイメージして講義に臨んだ生徒たちでしたが、日本銀行の仕事内容は様々な発券業務から政府預金の取り扱い、経済動向把握のための産業の調査や分析まで、日本経済の安定を維持し、 「お金(現金)」に対する信頼や物価を安定させる重要な役目があることを教えていただきました。(西村保久)
《生徒の感想》
 お金の流通枚数の多さに驚きました。積み上げると富士山の363倍になるそうです。お金がうまく回らないと景気も良くならないことがよくわかりました。(高1生)

⑧動物病院の仕事      北村 英佑氏
《講義内容》
 獣医師にとって、飼い主とのコミュニケーションはとても大事。飼い主が「ペットの治療をしてもらって良かった」と前向きな気持ちになれるように応対しているそうです。 「獣医師になるのも、なってからも大変だけど後悔したことはない。生徒たちにも自分の夢や目標をあきらめないでほしい」とメッセージを送っていただきました。(乃一輝久)
《生徒の感想》
 獣医は「死」を深く考える職業だと感じました。人より寿命の短い動物にとっての幸せとは何か、ということも考えさせられました。(中3生)

⑨ソーシャルゲームディレクターの仕事   森田 篤志氏
《講義内容》
 毎日状況が変化するソーシャルゲームの世界で、ユーザーが何を楽しいと思い、何を求めているかを日々研究し、すぐに反映しなければならない厳しい世界のお話をしていただき、生徒たちも目を輝かせて聴いていました。(中村 耕)
《生徒の感想》
 ソーシャルゲームディレクターの仕事は私の想像とは違って「成功」か「失敗」しかない過酷な世界だと思いました。また、「メモを取ること」「コミュニケーション能力」が大切なことも学びました。(中3生)

⑩理化学研究の仕事        樋口 雅一氏
《講義内容》
 「人生を楽しみたい。面白いと感じて、楽しいと思えることをしたい。そして、人の役に立つことをしたい。」―それがこの仕事を始めた理由です。そう言い 切る樋口さんに、「京都大学でどのようにして今の仕事に就いたか」について、分かりやすくお話ししていただきました。 また、毎日の仕事のスケジュールや研究内容に触れながら、「一人一人の力は限られているので、人と議論し協力しながら仕事を進めていくことが大切だ」「若 い今、自分を磨き、学びまくってほしい」と後輩のみなさんへメッセージを送っていただきました。(川崎律子)
《生徒の感想》
 樋口さんが研究中の「二酸化炭素だけを取り入れられる物質」が完成すれば、環境問題の解決の糸口となるのですごいと思いました。樋口さんは「人生を楽しみたい」と、この仕事を選んだそうです。好きなことを仕事にできるのはいいなと思いました。(高1生)

⑪小学校教師の仕事     式地 真氏
《講義内容》
 「教師の一日」「教師になるには」「仕事の苦労」「仕事のやりがい」についてお話をいただきました。「とても大変な仕事でたくさんの苦労があるけれど、それ以上に大きな喜びを得られる。 『出会った子どもたちすべてが自分の財産になる』」という言葉に、生徒たちは真剣に耳を傾けていました。「いろんなことにチャレンジして、語れる教師になってください。同じ現場で会えることを楽しみにしています。」と、メッセージを頂きました。(松木里佳)
《生徒の感想》
 「勉強を教えることより人格形成が役目」とおっしゃっていたのが印象に残りました。人を育てる教師という仕事に、以前より強く憧れを持つようになりました。(高1生)