2014.04.30
第62回全国小・中学校作文コンクール 表彰式


 11月3日、高知県教育委員会の教育センター分館にて、全国小・中学校作文コンクールの表彰式が行われ、土佐塾中学校からは、中学2年生の岡林咲良さんと中学1年生の中内佑佳さんが、読売賞を受賞しました。 
 岡林さんは国語の授業で取り組んでいる新聞ノートを通じて蛍の保護活動に関心を持ち、保護活動家の方々の苦労とホタル条約・保護区の適切な適用を求める 作文を、中内さんは中学校に入ってブラスバンド部に入部し、先輩に教えてもらいながら日々頑張って練習する様子を丁寧につづっての受賞です。 講評では、審査員の越智康夫先生から、生活の中で題材を探すことを日頃から意識し、書く力、ひいては自分を表現する術を身に付けてもらいたいという内容の 励ましも頂きました。