2014.04.30
「大学進学のためのワンデーガイダンス2012」開催


 去る10月6日(土)午後、本校体育館に資料参加20大学を含む県内外の国公立・私立62の大学、学部の入試担当者をお招きし、高校生と保護者を対象とする入試説明会「大学進学のためのワンデーガイダンス2012」を開催しました。
 大学ごとに設けられたブースでは、次年度入試制度の特徴、大学・学部が求める学生像、教育・研究活動などについて、生徒や保護者が熱心に説明を受けていました。
 生徒からは「もっと詳しく話を聞きたい」、「時間が足りない」との声が聞かれ、例年にも増して、進学・進路に対する真剣な姿勢が感じ取れる有意義な説明会となりました。

【ワンデーセミナー開催要項】

※この「ワンデーガイダンス」は、大学の先生方による各専門の興味深いテーマの講義が教室にいながら直接受講できる「ワンデーセミナー」と並んで、本校独自の進路サポートプログラム(通称SSP)の中心的な取り組みの一つとなっています。


〔生徒の感想〕
①大学生活を充実させていくために、「今からできること」を教えていただいた。コミュニケーション能力を身に付けること、授業を楽しむ心を持つこと。今からできる簡単なことなので、始めていきたいと思う。(高2)
②看護、薬、健康栄養学科など、医療に携わる大学・学部(学科)で学ぶには「コミュニケーション能力」と「感性」が必要であることを知った。受け身の学習ではなく、自分の考えや意見をしっかり持ち、行動に移していくことが、大学で学ぶことだと思った。(高2)
③まだ大学も学部も迷っている段階で、実際に入試担当者の方からアドバイスをいただけるのはとても嬉しかった。早く自分の目標を見つけ、夢を実現するための進路を決めていきたいと思う。(高1)

〔大学担当者のご感想〕
①礼儀正しく、好感の持てる生徒さんばかりで、学校の指導・教育の素晴らしさを感じました。
②生徒さんは皆キラキラと目を輝かせ、熱心に質問してくれました。
③「なりたい職業」ばかりを大学選択の基準にするのではなく、それぞれの大学の特徴を理解しながら進路を模索する生徒さんの姿に、SSPの効果を実感しました。