2014.04.30
第57回こども小砂丘賞 表彰式


 第59回小砂丘賞、ならびに第57回こども小砂丘賞の表彰式が1月28日(土)に高知会館にて行われました。
 応募総数628点の中から、最優秀に9人、優秀に50人が選ばれ、本校からは、中1生の西森千紘さんと中2生の杉本陽菜さんが優秀賞をいただき、表彰式に出席しました。 中1生の戸田菜々子さん、中2生の森澤友恵さん、依光隆哲くんも優良賞をいただいております。
 命の尊さ、人のつながりを改めて強く感じた昨年は、家族や仲間に対する優しい眼差しを感じさせる作品や、前向きに生きていくことを綴った作品が多かったそうです。 思いを伝えるためには書きたいことの中心を決め、見たこと、起きたことを五感を通して表現しなければなりません。 作文を書くことで、ものの見方や感じ方が自分の中で変わっていくことがとても重要だと思います。(濵口 静代)