2014.04.30
高校2年生 LHR「FREE THE CHILDREN (以下FTC) の活動」


 11月21日(月)、フリー・ザ・チルドレン・ジャパンの天野Faith氏を講師にお招きして、FTCの活動について講演していただきました。 FTCという団体は、1995年にカナダのクレイグ君(当時12才)が同級生達と立ち上げた団体です。この団体は、①こどもを貧困と搾取から解放する  ②「こどもには世界を変える力がない」という考えから解放する、の2つのFREE(解放)を目標に掲げて活動しており、今では45か国で100万人以上の若者が参加するまでになったそうです。
 このFTCを立ち上げるきっかけになったのは、親にわずかな借金(約1000円)のために4才で売られ、カーペット工場で過酷な労働をさせられた後、 10才でせっかく解放されたのに、わずか12才で射殺されたパキスタンの少年の話です。(この少年が射殺された原因は、児童労働の実態をアメリカのメディアを通じて世界に発信したことでした。) 生徒たちは、自分たちの4才、10才、12才と比べてあまりにも過酷で悲惨な少年の話を聞いて言葉を失っていました。 世界中で貧困のために危険な環境で働かされている児童労働者が2億1500万人いるという現実に対して、自分のやりたいこと・できることで支援していけば良いと教えてくれました。 講演の中で、行動を起こすことの大切さをラップにのせて歌ってくれた歌詞がすごく心に響きました。(高2学年ホーム担任)