2014.05.01
書業六十年記念 近作 濵田尚川作品展


 『創美』2011年vol.8(8月31日発行)に、当校の専任講師で高校生対象に書道の指導に当たっている濵田一郎(尚川)先生の書作品が、巻頭10ページにわたり掲載されました。
 濵田先生は現在毎日書道展審査会員、書道芸術院常任総務、高知県展無鑑査理事、安芸全国書展審査会員などの要職にあり、「濵田尚川氏は、いまや“最後の能書”と敬仰さるべき、泰山のような存在と化した。 氏の書表現の革新に潜む美学と祈りは、恐らく昭和書壇の列聖の誰をも、驚愕させずにはおかないだろう」(書道評論家・松田十蘭)と、書の世界で最大級の評価を受けている書家です。
 その多彩で硬軟自在な書曼荼羅をぜひご覧ください。