2014.05.01
中3京大キャンパスツアー


 全国有数の大学を実際に訪ね、アカデミックな環境に触れたり、体験学習を通じて大学における自分の具体像を描き、進学の目標設定のためのヒントを得るべく、 中学3年生の希望者36人が、8月1(月)~2日(火)の1泊2日の日程で、関西方面へのキャンパスツアーを行いました。
 1日目は、京都大学で放射性物質についての講義と実験・大学周辺の散策が行われました。京都大学での講義と実験は1時間半の予定でしたが、 宮武秀男先生(京都大学放射性同位元素総合センター)はじめ先生方の熱心な指導の下で2時間半の研修となりました。 生徒たちもその熱心な指導に応えるべく、一生懸命に研修を受けていました。 京都大学周辺の散策では、本校出身の山本亮君(京都大学大学院文学研究科)が案内をしてくれました。山本君の専門が考古学ということもあり、歴史に興味のある女子生徒が熱心に質問をする様子も見られました。
 2日目は、金閣寺と三十三間堂を訪ねた後、大阪大学に移動して、キャンパス内の散策と昼食を取りました。 大阪大学でも本校出身の井沖新君(大阪大学工学部応用理工学科)、横田絢子さん(大阪大学医学部保健学科)が案内をしてくれ、キャンパス内にいくつかある大学食堂のうち、自分たちの気に入った場所で昼食を取りました。
 生徒たちはこのツアーを通して、大学を身近に感じ、大学生に早くなりたいという感想を強く抱いたようでした。また、大学間の雰囲気の違いを感じた生徒も多かったようです。 次回は私立大も見てみたいという声もあり、さらに大学への興味関心が深まったようでした。(引率:小松のどか・土居一成)