2014.05.01
高校1年 全国高校生創作コンテスト全員参加


 5月6日(金)LHRにおいて1年生全員が俳句、短歌に挑戦しました。1年生は6月の遠足で松山に行きます。松山は正岡子規を筆頭に多くの俳人を輩出した土地であり、現在でも俳句関連の催しがあります。 せっかく松山に行くのだから、俳句や短歌にチャレンジしようということから話が始まりました。そして、定期的に刊行される高校生新聞の記事に「全国高校生創作コンテスト」の記事を見つけ、全員で応募することになりました。 このコンテストは國學院大學と高校生新聞社が主催しています。ひとり3首の短歌と3句の俳句をLHRで創りました。
 また、全員が自分のベストの作品をひとつ短冊に書き、高校1年の教室の廊下側の壁に貼りました。みんなでお互いの作品を鑑賞しようという意図です。今年度の高校1年生のテーマは「自己発信」です。 今回の取り組みはまさにテーマにぴったりのものになったと思います。さまざまな作品が廊下で「自己発信」しています。その隣には、5月の連休の時の課題である英文絵日記の優秀作品が掲示してあります。