2014.05.01
中学1年生 オリエンテーション合宿


 4月18日から4月20日まで、中学1年生を2班(1班:CDEホーム、2班:ABホーム)に分け、青少年宿泊施設伊野スポーツセンターで1泊2日のオリエンテーション合宿を行いました。
 開始式では坂本陽一中学教頭から、中学生としての心構えや、オリエンテーション合宿の目的等について話がありました。

-1日目-
午前中は、体育館で台風の目、大縄跳びを行い、親睦を図りました。各ホームとも皆で声を掛け合い、協力し、チーム一丸となって取り組んでいました。 午後の研修では、『生徒必携』をもとに土佐塾中学校生徒としての心得を学びました。また、川村先生解説のもと、卒業生(21期生)の活動記録のDVD を鑑賞し、15歳の自分への手紙を書きました。

-2日目-
体育館で校歌の練習をした後、2班と合流してグループを作り、縄跳びリレーを行いましたが、こちらも大変盛り上がり親睦が深められたようでした。 こうして正午に1班の研修が無事終了しました。(2班も、研修の順番は異なりますが、1班と同じ内容の研修を翌日の正午まで行いました)

 この合宿を通して、生徒たちはルールや規則を守りながら、お互いに声をかけ合うなど、協力して取り組めていました。 「指示を1回で聴けるように努力すること」や、「時間を守ること」についても意識できてきたように思います。 友人も増え、学校生活の中での楽しみを見つけたり、将来の目標や、自分の進む方向性などを考えるきっかけとなったのではないでしょうか。 今後、この経験を生かしてさらに成長してほしいと思います。