オーストラリアの最東端にある人口5000人ほどの小さな町、バイロンベイにある語学学校で8月5日から8月20日まで、中学3年生から高校2年生までの生徒11人が留学に参加しました。 午前中は家庭的な雰囲気が漂う語学学校で語学研修に参加し、午後はサーフィンや乗馬、カヤックなどオーストラリアの大自然を満喫する活動に参加しました。 初めて体験したサーフィンでしたが、うまく波に乗れる生徒も多く、すっかりオーストラリアの自然の虜になりました。


~生徒の日記より~

 今日は朝、サーフィンをしました。海は少し冷たかったけど、すぐに慣れました。 最初のうちはすぐにボチャーンと水没していましたが、だんだん慣れて最後にはボードの上に立つことができて、うれしかったです。日本でまたやってみたいです。

 今日の授業は昨日の続きで、考えた質問をみんなに出して、答えてもらいました。 30分休みには仲良くなった韓国人の友達とおしゃべりをしました。アボリジニーのことについてもたくさん学びました。

 今日は幼稚園を訪問して、折り紙と体の部位を教えてあげました。 小さい子は本当に可愛くて、癒されました。フランス語で「スパイダー」を歌ったり、鶴を折り紙で折ったりしてとにかく楽しかったです。