「命の大切さ」
 7月26日(金)に検察庁主催の「命の大切さを学ぶ教室」として、十数年前に17歳の息子さんを集団暴行で亡くされた犯罪被害者のご遺族の方をお招きし て、講演をしていただきました。、何気ない毎日の生活の中で一歩間違れば、犯罪の被害者にも加害者にもなってしまう恐れがあることや、いじめによる被害 者、加害者の問題など、生徒たちの年代が直面している内容のお話をいただきました。

「性教育講座」
 8月1日(木)に「性教育講座」として、元国立病院産婦人科医師である三木鈴先生をお招きして、「性について正しく理解し、意識的で責任を持てる行動を 育てる」と題して講演を頂きました。男女の性に関する身体の違いや、意識の違い、人工妊娠中絶、性感染症などの、性に関するたくさんの内容でした。また、 性とは『人を大切にする=自分を大切にする』ことであり、異性に思いやりを持って接することが大切であることも、お話されました。