中学2年生は、10月29日(火)のLHRで、道徳教育の一環として、高知県を中心に人気を誇っている女性フォークデュオ「スーパーバンド」のお二人をお招きしてミニライブを行いました。
 今回のライブは、サプライズ企画でもあり、生徒たちは本物の「スーパーバンド」の登場に驚きと興奮を隠しきれず、さらに、お二人による圧巻のステージは、全員の心に大きな感動を与えてくださいました。
 お二人は、今を一生懸命に生きることや、大切な人への思いを持ち続けることなど、生徒たちにとって大切な「心」のあり方を、あまねく歌に乗せて伝えてくださいました。
 音楽を通じて、それぞれが自身の「心」と正面から向き合うことのできた50分間でした。
 非常にご多忙の中、今回のライブを引き受けてくださいましたお二人と関係者の皆さまに、心から感謝いたします。

〔生徒の感想より〕
・スーパーバンドさんの歌を聴いて、僕は、悲しいことや辛いことがあっても前向きに生きるということの大切さを感じました。(男子)

・今日、スーパーバンドさんに会えたことは本当にびっくりしました。やっぱり、生で歌ってもらうと伝わり方が全然違いました。本当に最高でした。(男子)

・お二人は、本当に楽しそうで、こんな風に音楽を楽しむことができて、人にも楽しさや感動を与えることができるってことは、すごいことだと思いました。(女子)

・素敵な演奏を聴くことができました。いつも当たり前のように生活していることは、すごく大切で感謝しないといけないことなんだと思いました。(女子)