2014.12.13
「TSJKism 土佐塾校OB・OG展」を開催します


 2014年12月9日(火)から12月14日(日)まで「TSJKism 土佐塾校OB・OG展」を高知県立美術館県民ギャラリーにて開催します。
 
 土佐塾中高校が鷲尾山の頂に姿を見せ、陽の光をさんさんと浴びるようになって四半世紀が経ちます。その間、高知のみならず全国に土佐塾中高校は確かな響きを植え付けてきました。これは土佐塾中高校の教育理念である「智徳美体」という4本の柱によるところが非常に大きいと思います。大学への進学実績のみならず、社会人になった後、様々な分野で活躍する土佐塾中高校OB・OGを目のあたりにすると、改めて「智徳美体」の教育理念を基盤とした中等教育がいかに大事であるかわかります。
 
 そういった中で、「美」を生き甲斐として捉え、社会に出ても「美」を追い続けている土佐塾中高校OB・OGが相当数存在することが明らかになってきました。「美」を追い求め、社会の中で認められるまでには、他の分野と比べると長く険しい年月が必要です。また「美」の世界で社会的に成功するのは、ほんの一握りの人しかいません。それでも一生懸命「美」を追求する姿勢を保っていられるのは、土佐塾中高校での教育が基本となっていたからでしょう。「美」の追求は孤独がつきものです。周りからの励まし、支援が大きな支えとなります。そのために土佐塾OB・OGのアーティスト達が一堂に集え、励まし合え、支援できる機会を設けました。それが「TSJKism 土佐塾校OB・OG展」です。
 
 「TSJKism 土佐塾校OB・OG展」を開催する大きな理由はOB・OGアーティスト達の輪を形成すること、そして土佐塾中高校に関係する私たち皆がその輪を仲間として励まし、芸術活動を応援する機会を設けることにあります。現在、芸術活動を継続して行っているOB・OGは創立から27年の間で23人ほどいます。この中から数十年後、日本を代表する芸術家に育つ可能性も大いにあるのではないでしょうか。土佐塾中高校の仲間として彼らを励まし、応援していければと思っています。
 
 今回の「TSJKism 土佐塾校OB・OG展」は絵画、デザイン、建築、立体、書道、映像、音楽(音楽は美術館ホールにて12月13日(土)18時30分より公演)と多岐にわたります。そして彼らをサポートする意味で芸術に憧憬の深い先生方も賛助出品いたします(冨岡豊英中学校長、濱田尚川、宮本裕士、須賀智恵、濱田さよ、伊与田奈保子、横江孝治、西悟)。またホールでは、土佐塾中高校現役のブラスバンド部、音楽部も短い時間ですが賛助出演いたします。併せて是非ご高覧頂けると幸いです。


***「TSJKism 土佐塾校OB・OG展」***
2014年12月9日(火)~12月14日(日) 
9:00-17:00(最終日は16:00迄)  入場無料
高知県立美術館県民ギャラリー
高知市高須353-2

*12月13日(土) 
名曲コンサート(チェロ遠藤真理:ゲスト/ピアノ杉本成美:11期生)
土佐塾中高校現役ブラスバンド部管楽アンサンブル、音楽部合唱のプレコンサート
18:30開演  入場料1,500円(前売り1,000円)
高知県立美術館ホール


出品者
 3期  大西 光輝   
 6期   大西 みちる   
11期  杉本 成美
13期   田村 園、 中平 麻智  
15期   川添 翔子、箭野 かおり、 中屋 日奈子
16期  オダ タクミ、 葛目 結、 横谷 繭子
17期  萩野 奈菜子
19期  今橋 大輝、田中 愛子、依岡 みどり
20期  岩崎 加純、 島村 卓弥、 島崎 桃代、 丁野 博行
21期  堅田 記子、 吉本 美奈、 谷岡 潤朋
22期  渡辺 萌江

                                 土佐塾中学・高等学校
                                 美術科  西悟 記