koho@tosajuku.ed.jp
088-831-1717(代表)
資料請求 パンフレット
koho@tosajuku.ed.jp
088-831-1717(代表)
資料請求 パンフレット
088-831-1717(代表)
koho@tosajuku.ed.jp
資料請求 パンフレット

ごあいさつ

Greeting

理事長あいさつ


生徒たちは無限の可能性を秘めています。特に、中学から高校にかけての6年間は、心身ともに大きく成長し、その後の人生にも大きく影響する貴重な時期だと思います。その貴重な時期に、生徒たちが無限の可能性を遺憾なく発揮しうる環境を整えるべく本校は、取り組んでおります。
その取り組みの原点は、生徒たちの自主性を尊重すること、そして生徒たち同士、あるいは生徒たちと教職員がお互いに相手を認め合うという相互承認にあると考えております。自主性は、生徒たちが、創造性豊かに、自ら考え、調べ、計画し、そして行動していくという一連の流れからはぐくまれ、また、相手を認め合うということは、自分の意見をしっかりと相手に伝えながらも、相手の意見に耳を傾け尊重し、一緒により良い考えや意見へと昇華させていくことを通じてはぐくまれると考えております。
本校では、さまざまな学校行事、探究活動、学び合い、自律的学習計画の作成、ICT教育の充実など、生徒たちの自主性や相互承認の感性をはぐくむ取り組みを積極的に推進しています。
社会や経済環境は凄まじい勢いで変化し予測がますます困難な時代を迎えた今、中高一貫教育での6年間を通じて、生徒たちが可能性を存分に発揮し、自ら未来を切り拓く力をはぐくむべく、本校は挑戦しつづけてまいります。

学校法人 土佐塾学園
理事長  福島 やすの


創立主旨

国家有為の人材を輩出させる為には高等教育を施さなければならぬ。本校第一の狙いは高等教育を受ける素地となる中等教育の充実に他ならない。その為には優秀なる教師と生徒の確保を図り、中高ひいては小学からの一貫教育により効率的学習を図り、それにより生じた余裕により智育のみならず徳育、美育、体育に亙る全人教育を実現せんとするものである。従って、東大合格者の多きことのみをよしとする片寄った進学校を造る意思は毛頭ない。生徒各個が納得できる大学らしい大学に全員合格できる進学校を目指すことになろう。

育(決して知育ではない)については効率的カリキュラムにより無駄を省き、全国最高のレベルを実現する。全学科に亙り十分の学習をするのは当然ではあるが、得意の分野に傑出することも必要であると考える。人それぞれの個性を最高に伸ばすことを心がける。国語を含め語学教育に特に重点を置きたいと考えている。また、そのレベルも旧制高校の域にまで至れば理想とも考えている。

育については思い遺る心を重視したい。人の痛みのわかる人を育てたい。己の欲せざるところを他に施さず、これが基本であると考える。個性、創造性を伸ばす教育こそが大切である。独立自尊、進取の精神を養うことを旨とする。特定の片寄った思想、宗教、権力からの独立を旨とし、視野の広い自由人、世界人を目指すものとしたい。と言っても躾教育を決して疎かにするものではない。中学段階では特にこれを厳しくし、高等学校に進む段階で紳士として遇することが出来るまでに仕上げたいと考える。大自然を畏れ、敬し、恩に報いるに感謝を以ってする謙虚なる人を作りたい。自己に厳しく他に寛大なおおらかな人を、恥を廉る人を作りたい。特に将来社会のリーダーとしての自己コントロールができる人を作りたい。

育、芸術を愛し、文化を高める教養人となる素地を作りたい。従ってこれ等は学科以外の部活動をも盛んにして充実させて行かねばならぬと考える。

育、ものごとを成し遂げるためには健全なる身体こそが必要である。従って、体育実技を重視し、部活動を活発にして心身ともに健全なる生徒を養成する。

本校創立の主旨より(昭和62年11月15日)

創立者 福島 清三